会員登録/修正
スタッフブログ
2023年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
2024年 01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
会員登録/修正
スタッフブログ
 

facebook

 

トップ > 島のこだわり食品 > 対馬和蜂のはちみつ > はちみつ600g〜対馬産ニホンミツバチの非加熱はちみつ 600g【化粧箱あり/なし】

はちみつ600g〜対馬産ニホンミツバチの非加熱はちみつ 600g【化粧箱あり/なし】

商品コード : FDHN--0600
製造元 : 對馬次世代協議会
価格 : 円(税込)
ポイント : 128
数量    ○在庫あり
 

複数商品ご注文の場合、送料が足されて高く計算されることがありますが、担当者が修正してご連絡します。

かごに入れる すぐに購入
 

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

2023年採れたてはちみつ 600g です!

※11月末から順次発送予定です※




※在庫がなくなっても、店頭の動きをみながら再入荷させますのでぜひ覗きに来てください。



対馬のはちみつは、100%野生のミツバチがもたらす天然のおくりもの。
蜂洞1本1本で味が違います。


非加熱はちみつで、天然酵母が生きていますので、噴き出す恐れがあります。
届きましたら、びんの上部が1/3以上あくように、
別に用意していただいた空きびんにうつしてください。

上部が隙間のあいたびんは、ふたはゆるくしめて空気が抜けるようにしてください。



今年は10年ぶりに全島でミツバチが復活し、みなさん大喜びです。

雨が多かったので、ちょっと糖度は低め。酵母が元気なはちみつです。

今年も在庫のある限り、何個でもお買い求めいただけます。



味の雰囲気を選べるようになりました。
在庫のある年度内までは、お好みの雰囲気をお選びいただけます。
 



 




二ホンミツバチだけが暮らす島・対馬の、野生のミツバチが集めた黄金色のしずく。

対馬のはちみつは、

丸太を活用した伝統の「蜂洞(はちどう)」で収穫される、
四季折々の山の木々の蜜を中心とした非加熱の「百花蜜(ひゃっかみつ)」です。

濃厚でフルーティーな味わいが特徴です。



(対馬の蜂洞)

(対馬の海沿いの崖に並ぶ、蜂洞)



 

■百花蜜とは

セイヨウミツバチの蜂蜜で多いのですが、

一種類の花の蜜だけを集めたものを「単花蜜」といいます。

(レンゲ蜜、アカシア蜜などが有名です。)

それに対して、とくに花の種類を定めずに、

たくさんの花の蜜が混ざっているはちみつを「百花蜜」と呼びます。



 


■ニホンミツバチと百花蜜

家畜として改良されているセイヨウミツバチはたくさんの蜜を集められるため、

花を追いかけて巣箱を移動しても、花のシーズンのたびに年何回採蜜をしても、群が弱りません。


 

しかし、ニホンミツバチは野生のまま改良されていないため、
体も小さく、1匹あたりの蜜を集める能力もセイヨウミツバチに比べて少なく、

年一回しか採蜜できません。
 

また、巣箱を移動すると蜂が嫌がって山に逃げてしまいます。


 

そんなデリケートなニホンミツバチを飼うには、

蜂洞の場所を決して変えずに、蜂の好む場所に蜂洞を設置し、

年に一回だけ採蜜をおこないます。



 

ニホンミツバチは、巣箱の周り2〜3km圏内にある植物の花の蜜を、春、夏、秋と溜め続けます。

それを、9〜10月に蜜が熟成したころ、巣箱の1/3の量だけ人間がいただきます。

残りは蜂の越冬のために残してあげるのです。



 




■対馬のニホンミツバチのはちみつの条件

野生のニホンミツバチのはちみつです。
 

古事記の時代から対馬の特産品としての記録がのこっています。

 記録上は日本最古かもしれません。


蜂洞(はちどう)という、伝統的な巣箱で採られ、搾りも自然の重力で垂らしています。


で一回だけ採蜜される「百花蜜」です。
 その地域の一年中の花々の蜜が熟成されています。


糖度77%以上の規格基準を満たしたものだけを販売しています。


非加熱でびんづめしているため、天然酵母が生きています。


 

(蜂洞をあけたところ。蜜の詰まった巣が見えます。)
 

■対馬のニホンミツバチの蜂蜜の特徴


89%が山林である対馬の山の、シイやブナなどの樹木の花の蜜をメインに、
秋の草花やそばなどの蜜が混ざって熟成されています。

濃厚な味わいと、樹木の蜜でありながら不思議なフルーティーさが特徴です。

蜂洞の置いてある場所の(花の)違い、ミツバチの働き方の違いにより、
すべて「百花蜜」であるにも関わらず、蜂洞一本一本で色・風味の違うはちみつがとれます。

対馬のはちみつは、まさに自然の生み出した芸術品です。



 

■対馬市ニホンミツバチ部会と対馬のミツバチの活動について
 

対馬市ニホンミツバチ部会は、対馬の養蜂家の集まった組合で、

ニホンミツバチの養蜂について日々研修を重ねています。

私たち対馬コノソレも、運営のお手伝いをさせていただいた関係で、

2014年からずっと、毎日真摯にはちみつに向き合ってまいりました。

 

全島の養蜂家の蜂蜜を取りまとめておりますので、対馬中の様々な地域のはちみつが手に入ります。


1本1本糖度を測り、糖度77%以上の品質基準に合うもののみを、

生産者ごとに混ぜることなく分けて管理しています。

非加熱でびんづめしていますので、お届けするはちみつには天然酵母が生きています。

対馬でも年々減少している二ホンミツバチの貴重なはちみつを守るため、
私たちは対馬市二ホンミツバチ部会のみなさまと全国のミツバチ研究者とともに、
対馬のミツバチの保全・調査活動をしています。

ミツバチが安心して暮らせる自然は宝物です。

野生の二ホンミツバチは、山も海も含めた自然の豊かさのバロメーター。

ミツバチがいつまでも暮らしていける自然を次の世代につなぐために。


収益の一部は、対馬のニホンミツバチの保全活動に使わせていただきます。


応援よろしくお願いいたします。


 
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ